英語試験

社会人向け 英語資格 Linguaskill (リンガスキル)とは

投稿日:2020年8月17日 更新日:

「会社に言われて,Linguaskill (リンガスキル)っていうわからん資格試験を受けないといけないけど,全然情報ないなぁ~」
「他の人と差別化できる英語の資格試験を受けて,転職に役立てたい!」


この記事は,そんな方に向けて書いています。

こんにちは,サイト管理者のナミヘイです。
私,ナミヘイは社会人2年目,最近約5年付き合った彼女に振られた新米サラリーマンです( ノД`)。


私の会社では,入社後すぐにStep Bulats(現在は,廃止しておりLinguaskill Businessに変更)という試験を受けさせられました。
当時は,試験内容も知らないまま試験に臨み、撃沈しました(笑)。
この試験はマイナーであるため,ググっても全然情報がなかったからです。


しかし,今後,この資格の重要度が増してくると思います。

日本の多くの企業で英語力が重視されているからです。


他の人よりも先に情報を得ておくことで,会社内での昇格や新たなグローバル企業への転職に繋がるのではないでしょうか。

この記事では,今後のビジネス英語資格で主流になるであろうLinguaskill (リンガスキル)の概要について簡単に紹介していきます。


これから試験を「受ける方」または「受けようと考えている方」への一助となれば幸いです。


◆目次◆



1.Linguaskill Businessとは?

Linguaskill Businessとは,ビジネスで求められる英語のコミュニケーションスキルを測るテストです。
Linguaskill Businessのテスト形式は,Speaking,Writing,Listening&Readingの3つです。(3つのうち1つだけの受験も可能となっています。)



現在,グローバルに展開している多くの企業で評価や人材育成のために導入されているテストです。
「グローバル企業に転職し,世界で活躍したい!」と思っている方は,このLinguaskill Businessを事前に受験し,いいスコアを取得すると,転職後も有利になると思います。 



このLinguaskill Businessが,多くの企業で採用されている理由は大きく分けて以下の3つだと思います。

1.世界各国に認められたテスト
Linguaskill Businessは,ケンブリッジ大学によって確立されたグローバルスタンダードのCEFRによる評価を採用しており,英語スキルの評価がしやすい。


2.オンラインテストの実施
PC1台あれば受験可能なため,企業ごとで試験会場や開始時間を柔軟に設定できる。



3.最短3営業日で試験結果を通知

 
 
 
 
 

2.Linguaskill Businessの試験内容

Speaking,Writing,Listening&Readingの3つの形式の試験内容を説明していきます。

ただし,namiheiはListening&Readingは受験経験がないので,リンクのみ載せておきます(笑)。

2.1 Speakingの試験内容

Speakingの試験は全5問です。
テスト時間は約15分です。

Part1

簡単な質問に対する受け答え(全8問)


問題例:仕事は何か?,先週何の仕事した?

 
解答時間:1問につき10秒(問1~4まで)
     1問につき20秒(問5~8まで)
    


Part2

テスト画面に表示されるテキストを音読(全8問)
 

解答時間:1問につき10秒


Part3

与えられたテーマに沿ったプレゼンテーション(全1問)


問題例:快適な職場環境についてプレゼンしなさい。


解答時間:1分
準備時間:40秒→この時間で話す内容を考えます。
     


・Part4

与えられたグラフの説明をするプレゼンテーション(全1問)

解答時間:1分
準備時間:1分→この時間で話す内容を考えます。


・Part5

1つのトピックに関連する質問に対して自分の意見を話す(全5問)


質問のヒントが与えられている。
(こういう質問するよ~,みたいな)
     

解答時間:1問につき20秒
準備時間:全問共通で40秒→この時間で話す内容をイメージする。



「イメージ」という書き方をしたのは,実際に質問されるまで,
その内容がめちゃくちゃざっくりでしかわからないからです。


ヒント:location(場所)!みたいな感じです。


これだけでは,「オススメの場所を聞かれるのかなぁ~」くらいは予想できますが,話す内容を事前に考えておくことはできませんよね。

公式サイトに練習問題があるので,一度腕試しにやってみてください。
おそらく,撃沈すると思います。
ただ,ナミヘイは,それを本番でしました(笑)。




2.2 Writing の試験内容

Writing は全2問です。
テスト時間は45分です。

Part1

Eメールまたは手紙,メッセージを書く。

書く内容が3つ与えられている。

問題例:パーティーの参加を伝えるメール


文字数:50字以上(50字未満だと減点になります。)
    

Part2

報告書または企画書を書く。

書く内容が3つ与えられている。
    
問題例:インターン生を募集の企画書の作成


文字数:180字以上(180字未満だと減点になります。)


    

Writing についても,公式サイトに練習問題がありますが,解答がないため,あまり参考にならないと思います。



次回以降の試験対策・勉強方法が参考になると思いますので,期待しておいてください。



2.3 Listening&Readingの試験内容

私namiheiはListening&Readingの試験を受験したことがないので,公式サイトを参照ください(笑)。



日本ではTOEICの方が有名なので,このListening&Readingを無理に受ける必要はないかと思います。



次回は,Speaking,Writing の試験対策について紹介したいと思います。

-英語試験

執筆者:


  1. […] リンガスキルについて知りたい方はこちらをチェックしてみてください。 […]

  2. […] 知りたい方はこちらをチェックしてみてください[8/19更新]社会人向け 英語資格 Linguaskill (リンガスキル)とは。 […]

  3. […] ンガスキルについての詳細は,こちらをご覧ください。 […]

  4. […] ンガスキルについての詳細は,こちらをご覧ください。 […]

  5. […] しているかを判定する際の国際的なガイドラインみたいなもので,ヨーロッパなどでは主流になっているそうです。リンガスキルについて詳しく知りたい方はこちらを見てみてください。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【公開】1か月半でTOEIC900点を取る方法

・最短でTOEICの点数を延ばせる方法を知りたい ・長いこと勉強してるけど,点数が上がらない 今回の記事はそんな方に向けて書いています。 私は,社会人2年目のサラリーマンのナミヘイです。 私は,社会人 …

Linguaskil リンガスキル ライティング試験B2取得のための対策・勉強法

・リンガスキル ライティングテストでB2を取るにはどうしたいいの? この記事は,そんな方へ書いています。 ライティングテストでB2を取得したnamiheiが今後主流になるであろうリンガスキルのライティ …

Linguaskil リンガスキル スピーキング対策・勉強法

「リンガスキルのスピーキングでB2をとるにはどうすればいいの?」 この記事は,こんな風に思っている方へ向けて書いています。 スピーキングテストでB2を取得したnamiheiが今後主流になるであろうリン …

すぐにスコアアップできるのはパート3とパート4|TOEIC対策

・次回のTOEICで必ず点数を上げたい!! ・リスニングのパート3と4が苦手なんだよなー ・忙しくて勉強する時間があまりとれないんだよなー そんな方に向けて,この記事を書いています。 どうも,著者のn …

Profile

このサイトの管理者のnamiheiです。

社会人3年目の新米サラリーマン。

職業:電気設計者

主な資格:
 ・簿記2級
 ・エネルギー管理士
 ・CEFR B2レベル

自粛期間中にPC1台でできるブログに興味を示し,このブログを始めました。

私は英語にはまっており,オンライン英会話を毎日やっています。
このブログでは,理系大学院を出た私が勉強や私生活のことを中心に情報を発信していきます。